2007年3月16日 (金)

ドリームガールズ

菊池凛子さんをはねのけ、アカデミー賞の助演女優賞を受賞した

ジェニファー・ハドソンが出演している映画「ドリームガールズ」であるが、

この映画は、現在、auのCMで流れている

「ダイアナ・ロスとシュープリームス」をモデルにしているそうだ。

今回、作品賞も狙っていたと言われるが、受賞を逃したのは、

ダイアナ・ロスの圧力があったからだと言われている。

様々な営業を行った様子などが映画化されているため、

気に入らなかったらしい。

 

なお、菊池凛子さんが受賞できなかったのは、

映画配給会社が、助演女優賞にバベルから2人もノミネートしてしまったから

だそうだ。

そして、ディパーテッドが作品賞を受賞したのは、

出演している俳優がハリウッドに友人・知人をたくさん持っているから

それらの人が投票したからだとされる。

硫黄島は、最も良い映画とされているが、出演者が日本人ばかりのため、

投票してもらおうにも有権者がおらず、受賞できなかったようだ。

 

こういう話を聞くと、本家のアカデミー賞も、日本アカデミー賞や日本レコード大賞と

変わらないような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2007年1月17日 (水)

松本零士と槇原敬之(3)

松本零士さんと槙原敬之さんの盗作騒動は、結局うやむやで

終わってしまうらしい。

べつに、裁判とかで泥沼になるのを期待していたわけでは

なかったが、なんだかすっきりしない。

なんかさっぱりしたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)