2008年10月11日 (土)

水の都「大垣」湧き水めぐり

今日は、大垣までさわやかウォーキングに出かけた。

昨日から雨が降っていて、今朝もどんよりしていたが、

大垣に着くころには晴れてきた。

 

金山から大垣行きの快速電車に乗って行ったが、

名古屋で人が降りても座れなかった。

リュックサックを背負ったおじさんやおばさんで

混んでいるのではなく、一般の乗客で普通に混雑していた。

尾張一宮、岐阜と停車する度に、ウォーカーが乗り込んできて

ますます座れなくなった。

結局、大垣まで30分立ちっぱなしだった。

駅では、キッズ/一般でコースが南北に分かれるため、

またまた混雑していた。

コースマップを駅舎内でしか配布していなかったのに、

積極的には配っていなかったように見えた。

駅の出入り口でも配るべきだったかもしれない。

 

コースは田畑を抜けて、湧水の場所を縫って歩くもので、

特に加賀野八幡神社井戸は、2リットルのペットボトルに

何個も水を入れて持って帰ろうと、たくさんの人たちが

集まっていた。

ウォーカーたちは、ちょっと一口と言うわけにもいかず、

次の場所に歩を進めることになった。

あれだけの人たちが集まっているのだから、

よほどの名水なのだろう。

 

コース途中でソフトピアジャパンセンターに寄った。

本来は、施設横を通過するコースだったが、

何人かの人たちが寄って行くのを見て、

寄りたくなった。

ソフトピアには、数年前、会社の人たちが協業していた

こともあり、どんな施設なのか興味があった。

もちろん、ベンチャー企業や研究室が入っているところには

入れなかったが、雰囲気を味わうことができた。

受付のお姉さんは暇そうだった。

 

大垣城にも寄ったが、拝観料が必要と言うことで、

入るのは遠慮した。100円だけれど。

また、足湯の体験もあったが、オジサンたちの出汁が出た感じに

なっていたので、止めておいた。足を拭くタオルは持参していたが

なんだかなぁということで入らなかった。

春に津駅前で榊原温泉の足湯に入れさせてもらったことがあったが

どうしても水虫などに感染する心配があるからねぇ。

タオルの共用とかしなければ大丈夫だろうけど。

そのためか、今回の大垣は足湯に入る前に、一旦、足を消毒するように

なっていた。また、タオルは100円で売っていた。

本当は、昨日、右足をひねって痛かったので、湯治したかったのだけれど。

 

今年は大垣市制90周年記念ということで、

駅前でお祭りが盛大に行われていた。

大垣共立銀行や十六銀行、ヤナゲンなどが駅前に

どーんと構えていたので、大きく協賛しているのだろう。

14時からは、細川茂樹さんや熊田曜子さんが岐阜放送ラジオの

公開生放送に登場するということであったが、

いくつかの山車(本当は、車ヘンに山 「車山」で「やま」らしい)も

見たということで、13時前に帰って来た。

あとは、大垣出身の細川さんは出演しないが、

主演していた仮面ライダー響鬼のキャラクターショーが

行われていた。握手会もあったようだが、

もちろん握手してくれるのは、細川さんではない(だろう)。

  

駅前で金券屋さんを覗いたところ、JR(大垣-名古屋)で650円の

切符を売っていたので、購入して帰って来た。

通常は、740円であるが、大垣-岐阜,岐阜-名古屋の2枚の

回数券になっていた。距離関係で2枚の方が安くなるのだろうか。

 

スタート9:30 ゴール11:30 所要時間2時間 13.7Km

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年9月27日 (土)

尾頭橋~名古屋

今日は、さわやかウオーキングで、尾頭橋に行った。

尾頭橋~名古屋のコースは、春にも歩いたので、

参加するのを止めようかなぁとも思っていたが、

休日出勤しなくて済みそうだし、スタンプを貯めたいし、

日曜日は天気が悪くなりそうだし、ということで、

参加した。

大まかなコースとしては、尾頭橋~東別院~大須~堀川

~四間道~ノリタケの森~産業技術記念館~名古屋駅

ということで、今春のコースと同じであるが、

細かなところは違っていた。

前回は大須観音であったが、今回は大須万松寺商店街とか、

前回寄らなかったランの館や白川公園がコースに入っているなど

の違いがあった。

おばさま方には、ランの館とか四間道、ノリタケの森などの評判が

良いらしいので、これらの施設を追加したのだろう。

 

ただ、ランの館などは割引になるとは言え、有料なので、

寄らずに通り過ぎる人たちの方が多かったように思う。

 

私は、前回作った足のマメのこともあり、四間道の直前で

コースアウトして名古屋駅方面に向かった。

名古屋駅のゴールでは、警備員3人が立つほどの

大賑わいだった。

ゴールスタンプとECOスタンプの窓口を

最初は分けていたらしいのだが、途中から一緒になってしまい

さらにお茶やジュースを隣で渡すようにしたためか、

何回もズルして貰う人がいるなど、大変なことになっていた。

私もお茶が欲しかったのだが、ジュースしか残っていなかった。

 

さわやかウオーキングのゴールは、さわやかではない人が

いるので、時々このようなことになる。

さわやかでない人は、列の横入りを平気で行ったりもする。

オリンピック前に、

「中国の人は列に並ぶ習慣がないため、今、練習している」などと

TVで放送していたが、日本の人にも列に並ばない人はいるので

あまり中国の人のことばかり言ってられない。

  

スタート9:20 ゴール11:45 所要時間2時間25分 12.7Km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月23日 (火)

逢妻~刈谷

今日はさわやかウオーキングで逢妻駅へ行って来た。

逢妻駅は、JR東海道線の大府と刈谷の間にある駅である。

なぜ逢妻(妻に逢う)と言うのか気になったので、少し調べたら、

駅名は刈谷市の西を境川と並行して流れる逢妻川の名に由来していて、
逢妻川の名の由来は、昔、在原業平に恋い焦がれている
かきつばた姫という女性が、業平が自分の妻のところへ
戻っていく後を追いかけ、途中で追いついたが、業平は朝廷を憚って
川を隔てて会った。そのため、その川を遇妻川と呼ぶようになり、
それが逢妻川に変わったとのこと。

刈谷市役所による説明資料

 

私にとっては、刈谷市は愛知教育大学とかデンソー、アイシン精機などの

イメージが強かった。在原業平とかの名前が出てくるとは思わなかった。

 

久々のウオーキングであるが、順調に進んで、1時間程度で、

刈谷市総合運動公園に着いてしまった。

コースマップによると、総合運動公園~刈谷駅までは5.1Kmと

なっているため、すでに8kmも歩いたのか?と勘違いしてしまった。

実は、一旦、総合運動公園の横を通り過ぎ、またここに戻ってくる

コースだったのだが、自分に都合の良いよう勘違いしてしまった。

冷静に考えれば、1時間に8Kmは歩けないのでわかったはずだ。

もちろんコースマップにも残り9.6Kmと書いてあった。

 

今日は秋とはいえ、日差しがきつく、ペットボトルのお茶を500ml 2本

持って来たので良かった。

いつものように1本だったら、途中で購入する必要があった。

 

2回目の総合運動公園直前で右足に痛みが走った。

靴の中に石ころが入って、それが痛いのかと思って、

靴を一旦脱いでトントンしてみたが、石は出て来なかった。

親指と人差指の側面が靴の中で擦れ合って、マメができていた。

アイシン精機の北側のビデオ店の軒先で、靴下を脱ぎ、

マメに絆創膏を貼った。

春のさわやかウオーキング(中水野駅)でもらったものをウエストポーチに

入れてあったので、それを使った。

使うことはないだろうと思っていたが、入れておいて良かった。

 

アイシンコムセンター、デンソーギャラリーは、休日にもかかわらず

さわやかウオーキングのため(?)に開けてくれていた。

子供たちには好評だったようだ。

私としては、あまり興味をひくものは無かった。

デンソーのトイレで顔を洗わせてもらい、洗面台についていた

うがい液噴出装置でうがいをしたのが思い出である。

ボタンを押すと、うがい液が出るので、ご自由にうがいをして下さい。

でも、うがい液は飲み込んではダメですよ。

ということであるが、それならば、口をゆすぐ水も出るようにしておいて

くれれば良いのになぁなどと思ったりした。

(贅沢な注文であるのは、十分理解しています)

あと、トイレでは小便器1台1台にSharp製のDisplayが付いており、

デンソーのコマーシャルを何度も流していた。

環境音楽・映像でなく、自社CMを流すのが斬新な体験だった。

女性トイレはどうなっていたのだろうか。

音姫代りになるから、個室にも付いているのだろうか。

 

今回は、エコポイントカードも作ってもらい、次回からは

完歩・エコと2つのスタンプを集めることになる。

 

8:30スタート 11:30ゴール 所要時間:3時間 コース距離:12.7Km 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月20日 (土)

武豊線 半田駅

今日は武豊線 半田駅でさわやかウオーキングが開催される予定だったが

昨日のうちに中止が決まっていた。

駅に張り紙がしてあった。

中止の理由は、台風13号の影響とのことであるが、

半田駅には、台風の影響は無かったと思う。

台風一過で、天気も良かったし、

準備をしてきた関係者や参加予定だった皆さんは、がっかりしたね。

 

明日の紀勢線 滝原駅も中止になってるね。

まぁ。安全第一だからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

二川宿~吉田宿(豊橋)

今日は、久しぶりにさわやかウォーキングに出かけようと

思っていたが、朝の時点で行くのを止めた。

なんか体調がすぐれなかったし、天気が昼過ぎから悪くなるような

ことも言っていたので。

二川までの交通費が2500円を超えるのも理由の一つかもしれない。

金券屋さんへ行って、名鉄の割引乗車券を入手して、・・・などと

計画もしていたが、ちょっとねぇ。

 

でも、行けば良かったなぁとも思った。

ゴールした時の達成感というか、あれは気持ちが良いからねぇ。

 

今期はあと3回参加すると、20回になるけれど、

行ってみたい!と思うコースが少なくって

来週の半田はどうしようかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月15日 (日)

大高緑地とその周辺

今日は、さわやかウォーキングに大高駅まで出かけた。

今回で名古屋地区では、春のさわやかウォーキングが終了となる。

静岡地区では来週だけでなく、来月も続くらしいが、どうしよう。

電車賃がかかるし、かなり暑くなってきたので、熱中症対策もしないといけないだろう。

これまでの参加だけでも、顔や腕が日焼けしてしまって、まだら模様になっている。

女性の大敵、メラミンができている。

昔は、日焼けすることを推奨されたのに、今は時代が変わって、

なるべく日焼けしないようにする風潮になっている。

 

今日は曇りがちで、昨日より気温が低いというので、

日焼け対策をして、長そでシャツを着て出かけた。

日差しは少なかったが、暑さは低いようには感じられなかった。

大高駅に着くと、駅前では、弦楽四重奏のお姉さんたちが居て、

BellMartの出張サービス(?)がおにぎりとカルピスウォーターを

販売していた。

いつものように、地図を受け取り、歩き始めた。

今回のコースは、大高駅・線路の周りをぐるぐる周るコースのようで、

一旦、遠ざかったと思えば、また近づくというものだった。

そして歴史好きには堪らないのかどうかわからないが、

城跡をいくつか巡るコースになっていた。

鷲津砦跡、丸根砦跡、大高城跡と回ったが、

城や石垣、砦などが残っていないので、ちょっとなんだかなぁだった。

大高城跡に至っては、ただの小高い山で、広っぱがあるだけのように

見えてしまった。

大高山 春江院、氷上姉子神社などを巡って、山根酒造で試飲を

させてもらって、ゴールした。

氷上姉子神社では、大高地区の方から「おーいお茶」の差し入れがあった。

今までの参加で、コップの麦茶の差し入れとか、パッカーン菓子、

あさりの味噌汁などの差し入れをしてもらったが、

費用は誰が負担しているのだろう?

 

ゴールでスタンプを押してもらうのに、今までで一番長く並んだ。

名古屋地区ラストということと、天気もまずまずだったので、

参加者がいつもより多かったようだ。

いつものようにお茶を貰って、ふと横を見ると、JTの人たちが

試供品として、500mlのペットボトル(お茶)を配ろうとしている様子。

ダンボールを開梱して、配る準備万端なので、お土産にもらって

帰ろうかと見ていたが、帰社後の報告書に添付するのか、

アルバイトのお姉さんの写真を撮ってみたりで、全然配り始める様子が

なかった。雲も広がってきたので、試供品はあきらめて帰って来た。

しかし、BellMartがカルピスウォーターやお茶を販売している横で、

お茶の試供品を配ったら、商売迷惑になりそうだし、

スタンプ待ちの参加者たちも、配るのを虎視眈眈と待っていたので、

パニックになりそうだった。それも見てみたかったなぁ。

 

8:37スタート 10:30ゴール 所要時間1時間53分 約9Km

 

次のさわやかウォーキングは、秋の予定らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 1日 (日)

恋の三社めぐりと鍋屋上野浄水場(千種)

今日は、天気も良かったので、千種へさわやかウォーキングに出かけた。

今日は、桜花学園生徒とのコラボになっていて、曲り角などには、

彼女たちが立っているので、道に迷うことはない。

スタンプラリー形式になっていて、高牟神社・城山天満宮・上野天満宮・晴明神社の

4つを集めるとプレゼントがもらえることになっていた。

駅でマップを受け取り、高牟神社に向かった。

高牟神社は、千種駅南すぐにあり、元古井の水(古井=恋)で有名とのこと。

元古井の水と言えば、現在MaxValue千種が建っている場所にあった

サッポロビール名古屋工場でも元古井の水を使って、ビールを作っていた。

そして、元古井の水は、鶴舞公園南の竜ヶ池に流れているはずだ。

 

その後、セントラルガーデンへ向かった。

セントラルガーデンは、JR東海の研修所跡地(?)を再開発した場所で

落合シェフだとかの店が並んでいる。

通過したのが9時前だったので、店はどこも開いてはいなかったが、

気になったのは、洋菓子店のウィンドにあった”100% PAIN”。

たぶん、100% パインと言いたかったのだろうが、

あれでは、100% 痛み なので、ものすごく痛いお菓子になりそうだ。

”100% PINE”にするべきだと思った。

 

しばらく歩くと、日泰寺に到着した。

日本とタイ国の友好の証として設立されたお寺である。

トイレをお借りしようと思ったが、満員であきらめた。

 

トイレを我慢しながら、城山八幡宮へ行った。

着いた途端に、トイレに行った。トイレは愛知学院大学大学院の横にあった。

お参りして、連理木へ向かった。

連理木とは、一度枝割れした木の幹がもう一度くっついている木で、

男女が仲良しであるのを表しているとされている。

連理木は、根の部分が人の足で痛められているそうで、土台が付いていた。

みんな遠くから眺めているだけだったので、私は土台に乗せてもらって

周りを1周した。

すると、後に続く人が現れ、いつの間にか、”周りを1回周ると良いことがある”

ということになってしまった。

担当していた桜花学園の生徒さんも「いいことありますよ」とか言っていた。

 

次は、上野天満宮である。

上野天満宮へは、天満宮道(散歩道)を通って行った。

とても良いと思ったが、洗濯物や家の中が覗かれるのを気にする人は

たいへんだと思った。

もちろん上野天満宮は、学問の神様である。

 

晴明神社へ向かった。

晴明神社の途中に、鍋屋上野浄水場があり、今日は開放日だった。

寄りたいなぁとは思ったが、我慢して、先を急いだ。

晴明神社は、今までの神社と比べるとこじんまりとした神社だった。

陰陽師 安倍晴明に由来する神社である。

この地域の地名は、清明山である。清の字が違うのはなぜだろう?

うちの大学教官の実家が、清明山なので、そのうちに聞いてみよう。

晴明神社でスタンプが4つ揃ったので、プレゼントを貰った。

飴かクリアケースのどちらかということだったが、実用性を考えて

クリアケースを選んだところ、桜花学園の生徒さんに喜ばれた。

クリアケースには、彼女たちの活動紹介が挟まれており、それを

受け取ってもらえたことがうれしかったらしい。

 

あとは、ゴールの大曽根南口へ向かうだけであるが、目の前は

ナゴヤドームである。今日は、嵐のコンサートがあるため、

嵐ファンのお姉さん達がまだ11時前だというのに、集結して来ていた。

 

スタート8:20 ゴール10:30 所要時間2時間10分 9.2Km

 

ゴールしたあと、鍋屋上野浄水場へ行くため、大曽根駅北口の

ジャスコ無料バス乗り場へ向かった。

これにより、ナゴヤドーム前まで連れて行ってもらえるので、約1.5Km程

歩くのを節約できることになる。

バスに乗ってジャスコへ向かい、ジャスコでパンを買い、お昼ごはん代りに

食べながら、浄水場へ向かった。

ちょっと熱中症なのか空腹のせいなのか、体調が芳しくなかったが

晴明神社からゴールへ向かおうとしている一団とすれ違いながら、

歩いて行った。短縮したけれど、1.5Kmは歩いただろうか。

浄水場に着いたら、へろへろになってしまい、ミストシャワーで涼をとって

元気を取り戻した。

名古屋水道局の人たちは、客あしらいに慣れていないため、

アンケートで粗品を渡すコーナーでは、アンケート用紙が切れてしまい、

急遽、アンケート終了となっていたり、12時前なのに、13時以降の

催しものの列が長々とできていたりで、大変そうだった。

熱中症で子供が倒れたりしたら、PRで配布していた、

「名古屋の名水」を飲ませるのだろうか。

とりあえず、名水を貰って帰ってきた。

帰り道は、晴明神社へ向かう人たちと一緒になった。

今日は、かなりおまけで歩いたような気がする。

+4Kmは歩いたのではないだろうか。

ジャスコから大曽根行のバスに乗せてもらい、帰宅した。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年5月31日 (土)

明智城址と花フェスタ記念公園(可児)

今日は雨が降っていたが、可児へさわやかウォーキングに行った。

出かける前に、行こうか止めようかを少し悩んだため、

可児に着いたのは、10時過ぎになってしまった。

多治見で太多線に乗り換えるのに、30分近く待ったのも痛かった。

いつも、10分に1本程度のペースで電車が来ることに慣れているので、

30分に1本とか1時間に1本というのは、苦痛だった。

 

駅に着いて、歩き始めると、駅前は区画整理の真っ最中だった。

可児は、JRの可児駅と名鉄の新可児駅の2つが隣り合っており、

新興住宅地(ベッドタウン)でもあるので、もう少し発展した駅前なのか

と思っていたが、落ち着いた感じの駅前だった。

 

しばらく歩くと、歴史と文化の森という丘陵公園に着いた。

今朝からの雨で地面が泥だらけで少し足をとられたりしたが、

木の中を山登りをしながら、歩くのはとても気持ちが良かった。

明智城址は、碑が立っているだけで、質素だった。

あの明智光秀の城跡だから、もう少し何かあるのかと思っていたが

あの感じで良いのかもしれない。

明智城大手口へは、石畳の坂道を下りて進んだが、

雨が降った後だったので、少し足場が危ない感じになっており、

杖をついた人たちが慎重に下りていた。

晴れた日なら、「すみません!抜きます!」と言って、

道を空けてもらうのだが、今日は空けてもらうのが申し訳ない

状態だったので、少し渋滞してしまった。

晴れた日なら、とても気持ちが良いコースだっただろう。

 

その後は、花フェスタ記念公園であったが、今日は傘を片手に

持ちながらのあいにくの天気だったので、入場するのは止めた。

春のバラ祭りにも興味があったのだが、鶴舞公園のバラ祭りで

我慢することにしよう。

 

花フェスタ記念公園を後にすると、しばらく田んぼ沿いの道を

歩くことになり、景色がのどかになった。

カエルは鳴いていなかったが、田んぼでは田植えが行われていた。

 

ゴールの少し前には、可児川沿いのふるさと川公園を歩いた。

雨水のために濁っていたが、晴れた日であれば、とても気持ちの良い

散歩道だと思えた。

土岐の阿木川公園もそうだったが、川沿いの散歩道はお気に入りである。

車がビュンビュン通る道がコースに組み込まれていることが多いが、

あれは、ストレス解消や健康のためにはならない。

排ガスを吸ったり、車にはねられる危険を感じながらのウォーキングは

ストレス増大で不健康になってしまう。

難しいだろうが、コース設計者には、なんとか工夫して欲しいものである。

 

スタート10:15 ゴール12:00 所要時間1時間45分 9.1Km

  

帰りは、満員の太多線で多治見まで帰った。

可児-名古屋間は、JR 950円,名鉄 900円で、乗車時間も変わらず、

犬山-名古屋間は名鉄の方が多いので、みんな名鉄の方に流れるのか

と思っていたが、意外と太多線が混雑した。

12時台は、12:15発の1本しかないため混雑するのは仕方が無いかも

しれないけれど。

姫駅で乗ってきた女子中学生(高校生?)がすごく怒っているように

見えた。座りたかったのに満員で座れないし、乗るの止めようかと

思ったけれど、これを逃したら次は45分後になってしまうし、もう!

という感じで乗ってきた。

一方、運転手さんの真横に乗って来た3歳くらいの男の子は、

ご機嫌だった。運転手さんの横の特等席で運転の様子が見えるし、

景色も見えるので超ご機嫌だった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年5月25日 (日)

木曽川と犬山城(各務ヶ原)

今朝は、すごい雨だったので、「これは中止かなぁ。」と

思っていたが、8時頃から晴れてきたので、

さわやかウォーキングに行った。

今日は、各務ヶ原から鵜沼までの13.4Km。

犬山城へは行ったことが無かったので、楽しみにして行った。

各務ヶ原には、JRではなく名鉄で行った。

珍しいことだが、JRより名鉄の方が安いから。

 

国宝 犬山城には行ったのだが、中には入らなかった。

何か下から眺めただけで満足してしまったので。

その代わり、針綱神社や猿田彦神社に時間をかけた。

針綱神社では結婚式が終わったところで、バスに乗って

披露宴会場に向う一団を見かけた。

名鉄犬山ホテルでも行ったのだろうか。

 

(時計を忘れて行ってしまったので、スタート/ゴール時間が?) 

スタート ゴール10:50 13.4Km

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年5月24日 (土)

宮(七里)の渡し(金山)

今日は、昼から雨が降るというので、朝早くから、金山に

さわやかウォーキングに出かけた。

今日のコースは、金山南口を出て、高座結御子神社に向かい、

神宮東公園から熱田神宮、蓬莱軒の横を通って、宮の渡し公園

その後は、白鳥公園を左に見ながら、堀川を上がり、金山駅へ

というもの。

高座結御子神社は、癇の虫に効く神社として有名で、最近、

宇津救命丸でも飲もうかと思うくらい癇の虫が出ている私は、

熱心にお願いしてきた。

その後、ジャスコ熱田店の南から神宮東公園の中を散策して南下した。

以前から、一度寄ってみたいと思っていた公園であったが、

菖蒲や百合がキレイに咲いており、静かで良かった。

今日は大安ということで、熱田神宮は、結婚式の最中であった。

また修学旅行や海外旅行で訪れている人たちも多かった。

神宮正門から出て、蓬莱軒支店の横を通り、歩道橋を渡って

蓬莱軒陣屋(本店)の横を通過した。

まだ9時過ぎだったので、駐車場には誰も居なかった。

うなぎを焼いている匂いもしなかった。

宮の渡し公園(七里の渡し)に着くと、先着1000名に

南紀・東紀州交通対策委員会協賛ソフト・ドリンク券が貰えた。

並んでもらおうとしているのに、横入りしてきたおじさんに

プチッと切れかけたが、係員が自然な感じで対応したので

良かった。

それからは、堀川沿いを上がって行き、みのもんたが筆頭株主で

有名な愛知時計電機の横を通り、白鳥公園・名古屋学院大学を

見ながら、「この町も変わったなぁ。」と感慨にふけりながら

金山へ向った。

昔は、営林署や材木の貯材場があった位で、子供たちは

それに乗って遊んだり、つり橋で揺らされて怖がったりしたものだ。

金山南口に着くと、お茶とソフトドリンクを貰った。

ソフトドリンクは、南紀・紀州と言うからミカンか梅のジュースかと

思っていたら、ミネラルウォーターだった。

東紀州というのは、尾鷲市のことだったらしい。

とりあえず、ゴールするまで雨は降らなかったので良かった。

 

スタート8:10 ゴール9:50 所要時間1時間40分 9.2Km

| | コメント (0) | トラックバック (0)