2010年3月 5日 (金)

白癬菌が居ないのに、爪白癬

昨年の10月のブログで書いたように、

足の爪が変色して、変形もしているため、気にしていた。

時々、痛みを感じることもあるので。

 

爪の根元に段差ができていて、色合いも白っぽい黄土色になってきたので

家の近所のクリニックへ診せに行った。

そこは、内科の他に、皮膚科も標榜していたので。

 

医師は、ちらっと1mほどの距離から、一目見ただけで、

触ることもなく、「爪白癬、いわゆる爪水虫ですね。」と言った。

そして、

「塗り薬では治せないので、飲み薬になります。

3ケ月から6カ月ぐらい飲み続ければ、下から新しい爪が伸びて来て治ります。

ただ、飲み薬は肝臓を悪くすることがあるので、血液検査をしておきましょう。」

と、血液の採取を看護師に命じた。

私は、「水虫じゃないのではないですか?爪の変形で。」と反論したが、

否応なく、血液検査の注文カードが作成されていった。

そして、血液検査は献血の時にやるから、要らないんだけどなぁと思いながら

血液検査を受けた。

「血液検査結果は、明日以降取りに来て下さい。」と医師は言った。

薬の処方はされなかった。

 

帰宅してから、Webで爪白癬について調べてみた。

確かに、爪白癬は外用薬では治りにくいので、内服薬を服用することや、

内服薬で肝臓を悪くする副作用が出ることがあるので、

服用中は、1~2ヶ月に1回血液検査を受けて、医師の管理のもと

治療を進めることになることなどが書かれてあった。

そして、爪に白癬菌(カビ)がいるかを調べるため、真菌検査や培養検査が

行われるとも書いてあった。

 

「あれっ、真菌検査してないのに、爪白癬だと診断されて、

薬を飲むの前提で、血液検査もされちゃった。」

「もし、真菌検査で、爪白癬じゃなかったら、

肝臓を悪くする薬をずっと飲み続けることになるの?」

それは、おかしいでしょうと、怒りがわいてきた。

 

そこで、次の日、先のブログの時に診てもらった皮膚科へ行った。

こちらでは、

「変形したまま、昨年から爪が伸びているだけで、どこも悪いとこはありませんよ。」

と言われた。

そこで、別の皮膚科では、爪白癬と診断され、副薬前提の血液検査されたことを

話して、真菌検査をしてもらった。

医師は、念のためということで、検査をしてくれた。

「やっぱり、陰性です。白癬菌は見つかりませんでした。」

私は、挨拶をして帰って来た。

 

爪白癬と言われてから、家族に感染させてはいけないと、

スリッパやマットなどを頻繁に変え、いろいろ大変だった。

でも、違うということになったので、とても気が楽になった。

 

次の日、近所のクリニックへ行って、受付で

「今日は、血液検査の結果を取りにいらっしゃいと言われたから来たが、

別の病院で爪白癬ではないことが分かった。

取りに来た血液検査は、爪白癬治療薬が肝臓を悪くすることがあるため

検査したものであり、爪白癬でないことが判った以上、薬を飲む必要はなく、

検査する必要も無かった。針を刺されて痛い思いをすることも無かった。

必要の無い検査結果の説明を受けるために、再診料を請求されるのは

納得がいかない。」

と伝えた。

すると、受付から診察室にいる医師に連絡してくれ、

「診察料は要らないので、診察室に入って話をして下さい。」ということになった。

 

医師はどこで検査したのか聞いてきたので、

病院名は言わずに、真菌検査を受けたら白癬菌が見つからなかったと伝えた。

医師は、

「真菌検査で見つからないこともあるから気をつけて。

血液検査結果を持って、そちらの病院で相談してください。」と言った。

私は、

「あなたは一目見ただけで診断したけれど、もう一方の医師は、

見て、触って、真菌検査して、違うと診断したんだ。

診断した材料としては、あなたの方が少ない。

百歩譲って、真菌検査が信用できないとしても、

目視と触診した医師の方がたくさんの情報で診断したと判断できる。」と

心の中で思っていたが、何も言わずに帰って来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月14日 (水)

爪水虫(爪白癬)でなく、巻き爪や陥入爪でもなく、外反母趾による爪の変形

10月11日のブログで、右足親指爪の変形について書いたが、

靴や靴下を履く時にも痛みを感じるようになったので、

今日、皮膚科へ行ってきた。

 

爪水虫(爪白癬)じゃない?

巻き爪でしょう!いや、陥入爪かもしれんよ。

爪が腐ってるんじゃないの?

爪を剥がさないと治らないかも。

などと、友人に脅かされたので、少し心配になった。

自宅近くにも、皮膚科はあるのだが、会社帰りに通院できるように

駅前のビルの中にある皮膚科に行くことにした。

  

ところが、看板には、○○皮膚科と書いてあるのだが、

皮膚科だけでなく性病科もやっているためか、

病院の面構えが、これまでに経験したものとは違っていた。

エレベータを降りた正面に、その病院はあるのだが、

入口が避難階段につながる防火ドアのような鉄製ドアとなっていて、

そのドアの上には、○○皮膚科の表札があり、

鉄製ドアには、診察日と時間が書かれた画用紙が貼ってあった。

そのフロアには、耳鼻咽喉科と薬局もあるのだが、

それらは、ガラス張りの自動ドアのため、内部の雰囲気も分かり

安心して入ることができるが、鉄製ドアでは、内部が判らず

入るのをやめてしまった。 

 

それで、自宅近くの皮膚科に行った。

医師が、「どうしました?」と聞くので、

「足の親指の爪が変形して、靴とかに当たって痛いんです。

 ちょっと白くなっているので、爪水虫とかではないでしょうか?」

と言いながら、見せると、

医師は、「爪水虫ではないですね。」と言いながら、

巻き爪の確認をし始めた。

爪が指肉を巻きこんだりしていないことや、痛みの場所異なることを確認すると、

「あぁ、これは外反母趾ですねぇ。

 爪が途中で曲がってしまって、それが痛くなっているんです。

 靴に当たらないようにするには、深爪にならない程度に

 短めに切ってやるしかないですねぇ。」

と言った。

結局、爪を切ったり、真菌検査することもなく、薬が出ることもなく、

初診料だけを払って帰って来た。

 

靴が足に合っていないらしい。

ハイヒールや、つま先が細いパンプスとかを履いていないのに

外反母趾になるなんて。

紐靴の紐を毎回結びなおして、足にフィットさせて履いていれば良かった。

すぐに履いたり脱いだりできるように、靴紐を適当なきつさで結んで履いていたので

足が靴の中で滑って、つま先がきつくなり、

それを防ぐために足の指で踏ん張ってしまい、結果的に指や爪が曲がって

しまったようだ。

 

これで、安心してウォーキングに出かけられる。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年8月20日 (木)

人間ドック

職務命令で人間ドックに行ってきた。

この暑いのに夜9時以降は、水一滴さえ口にしてはダメというので

血液検査でも、ドロドロ血液になってしまった。

ただでさえ、血管が細くて、採血管に溜まるのに時間がかかるというのに。

最近、揚げ物を口にすることが多かったせいか、

γ‐GTPとかコレステロール値が高かったみたい。

 

バリウムは相変わらずおいしくなかった。

バリウムを体外に出すために寝る前に飲むようにと、

センナル錠を2錠くれたが、量が多すぎたのか、

18時間後ぐらいに、おなかが痛くなってしまった。

来年からは、1錠だけにしよう。

バリウムの中にも、早く体外に出るような薬が入っているそうだから

もしかすると、飲まなくても良かったのかもしれない。

数年前にバリウム検査をした時、

体内に長いこと留まらせると、腸壁にバリウムがへばりついて

大変なことになる!と脅されたが、嘘のような気がする。

 

お決まりのX線レントゲン撮影で胸の写真を正面・横と撮ってもらったが

咳の原因は写っていなかった。

肺機能検査(%肺活量1秒率)も正常だった。

喘鳴も出てないし、息苦しいこともない。

後日、呼吸器専門医がレントゲン写真をダブルチェックしてくれるそうだ。

CTスキャンを勧められたが、どうしたもんだろう。

 

最近、咳は出なくなったけれど、胸や背中の痛みが続いているので

それが判ればと期待していたのだが、気のせいなのだろうか。

柴朴湯でも飲んで大人しくしていれば治るのかなぁ。

 

でも柴朴湯は、処方箋が無いと買えないから、半夏厚朴湯で我慢するか。

ストレージ‐Hの主成分なので、余ったら胃薬としても使えそうだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 1日 (水)

気管支が腫れているのか、胸が痛い

ここ1カ月以上、咳が出続けている。

ここ何年か11月~12月頃まで、咳が止まらなくなっていたが、

胸が痛くなるまでにはなっていなかったし、

3年前に近所の内科でレントゲンを撮ってもらった時にも

結核と喘息の可能性は否定されたので、大丈夫だと思っているんだけど。

結核については、その後も年に1回以上レントゲン検査を受けているから

大丈夫だと思う。

でも、咳喘息とか喘息というのは、大人になってからなる人も多いというので

ちょっと心配になっている。

 

一般的な症状の、喘鳴とか息切れは無く、朝方とか夜中に咳が激しくなることもない。

呼吸困難や過呼吸にもなっていない。

話したりして、声を出すと咳が出やすくなるだけで、普段は大丈夫。

咳は続いているものの、徐々に少なくなってきたと思っていたのに、

今朝、咳はしていないのに、なんだか胸の中が腫れて圧迫しているような感じがして、

胸が痛くなってしまった。

なんか、咳を我慢し続けているんだけど、気管支内では咳の振動が起こっている

のではないかと思うほど、胸に鈍痛がある。

さらに、片鼻が詰まっているため、息苦しいような気もしてくる。

口で息をすれば、深呼吸だってできるんだけど。

龍角散やのど飴を使うと、楽になるけれど、喉の奥で痰が出てくる感じがして、

でも、痰を吐きだすことはできなくて、飲み込んでしまっている状態。

 

気持ちも落ち込んできて、蒸し暑さも手伝って、イライラしてしまう。

栄養ドリンクかお酒でも飲んで、早めに寝ようかなぁ。

 

8月に会社の人間ドックがあるから、それまでに治るか、

その時に検査してもらおうかと思っているんだけれど、

ガタガタ言っていないで、病院へ行ってきた方が良いかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年5月19日 (月)

現在あなたがハマッている食べ物や飲み物

私が登録しているiMiネットで、

「現在あなたがハマッている食べ物や飲み物」について

ブログを書いてみて。ということなので、書いてみる。

 

現在、はまっているというか、よく口にしているものは、

クノール カップスープ つぶたっぷり コーンクリーム[ポタージュ]

である。

クノールは、Knorrとも書くが、味の素のグループ会社だと書いてある。

味の素が資本参加して子会社にしたのかもしれないが、

そんなことはどうでも良くて、最近は毎朝飲んでいる。

なぜ飲むようになったかと言うと、「胃の調子が悪いから」である。

胃腸に優しいコーンスープを飲んで、朝ごはんの代わりにしている。

朝ごはんが、野菜ジュースとか青汁とか、トマトジュースなどの方も

居るかもしれないが、冷たい飲み物を起き抜けに飲むと、

胃がびっくりしてしまって、お腹が痛くなりそうなので、

ほわぁとしながら、ややぬるくなったコーンスープを飲むように

している。

おかげで胃が痛くならなくなってきたような気がする。

おにぎりやパンを早食いで、よく噛まずに飲み込んで居た頃は

直後に胃薬を飲んで消化を助けてあげないと胃がHelp!と

言い出すこともちょくちょくあった。

でも、コーンスープなら、とうもろこし粒だけに注意して

噛み潰しておけば、大丈夫。だと思っている。

からだにやさしそうなのみものだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月22日 (月)

あるある大事典と納豆ダイエット(3)

あるある大事典の件で、関西テレビが謝罪記者会見を行ったが、

会見で発表した内容は、週刊朝日の取材で分かった内容を使っただけで、

社内調査を行って得られた情報に基づいて発表したわけではないらしい。

だから、関西テレビは、週刊朝日のネタを盗んで使ったと言われている。

関西テレビの倫理もそんな程度なので、データ捏造をやっても

大して驚くことではないと結んでいる。

と、偉そうに記事を書いていたり、テレビで責めているマスコミ各社も

「演出」と称して「やらせ」とか「捏造」を行っていないか

襟を正す必要があると思う。

朝日新聞だって、珊瑚に自分でわざと傷つけて写真を撮った新聞記者が

居たじゃない。

飲酒運転は、人間のやることじゃないと声を大きくして記事を書いている

名古屋にある新聞社なんて、飲酒運転した社員を、取締役の息子だからか

何か知らないけど、隠し続けているじゃない。

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2007年1月21日 (日)

あるある大事典と納豆ダイエット(2)

ここに来て、あるある大事典のずさんな番組作りが明らかになって、

打ち切りの可能性が出て来た。

番組制作会社は、以前にもテレビ東京の番組で捏造をやっていたらしい。

また、昨年の12月中旬には一部のスーパーに

「あるある大事典で、納豆販促につながる話題をやるので、

在庫を増やしておいて!」

という情報が流れていたという噂まで飛び出している。

また、「1日納豆を2パックずつ2週間毎日食べ続ける」という条件が

納豆をたくさん販売したい納豆メーカーが書いた筋書きではないか

という、うがった見方をする人も出て来た。

 

結局、納豆が爆発的に売れたが、急にショボンとしてしまったため、

納豆を大増産したメーカーは、えらい迷惑だったし、

毎日納豆を2パック食べ続けた人は、大変だったし、

納豆を異常なまで在庫化してしまった店は、処分に困ったし、

今日のあるあるの枠は、別番組をCMなしでやらないといけないし、

やっぱり、ダイエットは無理やりな方法ではダメだね。

運動もしないで、楽してやせようというのは、虫が良いかもね。

 

キー局フジもドタバタCMなし大事態 (日刊スポーツ)

 関西テレビ制作「発掘!あるある大事典2」(日曜午後9時)のデータねつ造は、キー局のフジテレビを揺るがした。21日の放送が休止となった影響で、同日午後9時からの約1時間にわたり、CMが放送できない異例の事態に追い込まれたことが20日、分かった。フジテレビ関係者は「休止となった番組はスポンサー1社の提供だったため、休止となったことで、同社のCMも他のCMもない」と説明した。フジ関連の番組CMの放送予定もないという。

[ 2007年1月21日6時41分 ]


| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年1月20日 (土)

あるある大事典と納豆ダイエット

先週、全国のスーパー店頭から納豆が消えたというニュースがあり、

みのもんたが、「お嬢さん!納豆ですよ!」とやったのかと思っていたが、

発掘!あるある大事典の仕業だった。

でも、その納豆でダイエットの実証データが不備であることが判明した。

データの捏造とも言われているので、やらせというものであろう。

納豆業界のやらせでなければ良いねぇ。

だいたい、日本人は、ナットウキナーゼとかジアスターゼとか

横文字の物質名に権威を感じすぎではないかと思う。

また、「あるある」にしろ、「ガッテン」にしろ、みんな影響されすぎではないか。

 

私は、あるあるに出演したある研究所の医学博士が自信満々に語った話を

信じて恥をかいたことがある。

それは、

「O型の血液はO型の人にしか輸血できません。
 厳密に血球だけを分離して投与することはできますけれども、
 手間がむずかしい。現実にはしてないと思います。
 昔そのような話を聞いたことがありますけれども、
 僕が教育を受けた以後には、見たことも聞いたこともありません。」

というものだった。

でも、日本赤十字に問い合わせてみると、

積極的に、O型血液をO型以外の人に輸血することを推奨してはいないが、

医学部では、上記のことを教えており、実際に行われる例があるらしい。

>                      平成17年4月8日
>
>  平素は献血に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
>  ご質問のありました件につきまして、説明させていただきます。
>
>  まず、4月6日(水)毎日新聞夕刊記事の「輸血血液大幅不足」
> にあります「O型は他の血液型への輸血が可能なこともあり、在庫
> が減りやすいとみている。」の一文につきましては、日本赤十字社
> の見解でないことを申し上げます。
>  O型血液は、赤血球だけを他の血液型の患者さんに輸血した場合
> は副作用は小さいのですが、O型血液の血漿に含まれる抗A、抗B
> 抗体の力価が高い値を示すときに溶血副作用が起こることがありま
> す。
>  平成元年9月に制定されました『輸血療法の適正化に関するガイ
> ドライン』には、「~~原則としてABO血液型の同型血液を使用
> する。~~」と記述されています。
>  このため、各血液センターの医薬情報担当者は、従前より医療機
> 関へこのことをお知らせするとともに、輸血勉強会等を開催し、輸
> 血手技等についても説明しているところであります。
>
>  今後とも献血活動につきましてご理解とご支援をいただきますよ
> うお願い申し上げます。
>
>                  日本赤十字社 血液事業本部

 

ちなみに、上記のある研究所の医学博士は、医療機器開発に関する論文で

学位をとっただけで、ペーパードクタである。

医学部とか医療関係の学校に通って学位をとったコースドクタとは異なる。

従って、この医学博士が言っている「教育」は、医学関係の教育ではなく、

工学や理学である。

確かに、私の通った工学部でも、「O型の血液の輸血」については教育されなかった。

 

「あるある」は、今回のデータ捏造で、しばらく放送を自粛するそうであるが、

私の会社の同僚は、普段TVを見ない人なのに、この「あるある」だけは見ていた。

そして、内容も信頼していた。

がっかりするだろうなぁ。納豆買い占めたって言っていたから。

 

「納豆でやせる」データ架空…「あるある大事典」陳謝 (読売新聞)

 関西テレビは20日、フジテレビ系列で今月7日に放映した「発掘!あるある大事典(2)」の中でデータのねつ造があったとして、千種宗一郎社長(62)が記者会見を開いて陳謝。

 21日分から、しばらく番組の放送を中止する方針を明らかにした。

 同局によると、ねつ造が発覚したのは、7日放送の「食べてヤセる!!! 食材Xの新事実」。アメリカの最新研究を基に、「納豆にはダイエット効果がある」をテーマに、男女8人を対象に実験を行う内容だった。

 しかし実際には、番組中で表示された「血中DHEA量」、「血中イソフラボン」などのデータの測定をしておらず、数値は架空のものだった。

[  2007年1月20日20時6分  ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月11日 (木)

めちゃイケと高野連

フジテレビ「めちゃイケ」の特番において、高野連が

「放送された内容は、教育の一環として行われている高校野球の目的から

著しく逸脱する番組構成で遺憾です。グラウンドでひたむきにプレイをする

選手たちの気持ちを踏みにじる内容でもあり、ここに文書で抗議を申し入れます」

と、抗議をした。

番組では、ハンカチ王子達が宿泊していた旅館を紹介しており、

ナイナイ岡村さんや中居正広さんがバラエティな内容を繰り広げていた。

 

高野連が言っている高校野球の目的から逸脱しているのがどこなのか

さっぱり分からないが、結論として、高野連は、ハンカチ王子たちが宿泊した旅館との

宿泊契約を打ち切ることにしたと言う。

なぜ、フジテレビに抗議したのに、旅館との契約を打ち切るのかも分からない。

もしかすると、高野連の人たちは、高校生の時に履修不足があって、

論理的に物事を考えることができないのではないかと思ってしまう。

 

高野連には、様々な苦情が寄せられていると言う。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2006年11月 3日 (金)

眞鍋かをりとモヤっと病

最新の眞鍋かをりさんのブログ(ケニア)を見ると、モヤっと病の話が書いてある。

これまでも、このブログで何度か書いたことがあるけれど、

ちょっと眞鍋さんが危うく見える時がある。

  

眞鍋> 先日は楽屋であまりにも暇だったので

眞鍋> 『自分の好きなブランドを書き出して理想のデパートを作る』

眞鍋> という遊びをしていたのですが、

  

世界バレーボールの番組やっているんだから、Watの二人に向かって、

ボールをスパイクしまくるとかして、発散したらどうなの。

あと、「どうせ日本なんか、メダル取れっこないわ!」と生放送中に言ってみるとか。

あぁ、それを言ってしまったら、芸能界干されちゃうねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)