« 日本昭和村と蜂屋大仏を訪ねて(美濃太田) | トップページ | 「養老の滝」と不可思議な空間「養老天命反転地」(養老) »

2010年9月19日 (日)

亀山駅開業120周年記念 亀山城下町と亀山サンシャインパークの散策(亀山)

今日は、亀山駅の120周年記念ということで、

さわやかウォーキングで、亀山駅へ出かけることにしていた。

快速 「亀山駅開業120周年記念号」に乗って行くために、

朝は、6時30分に起きたが、体が重くて、二度寝した。

 

一時は、行かないことも考えたが、結局、8時頃に布団から出て、準備をした。

名古屋駅には9時35分頃到着した。

時刻表を調べると、10時05分発の亀山行き快速に乗るのが一番良いことが判り、

ホームに行くと、既に並んでいる人たちがいた。

これが関西線の特徴である。

他の東海道線や中央線では、入線の30分前から並ぶようなことはしない。

なぜならば、並ばなくても座れるからである。

他の路線では、8両編成とかなので、発車直前に乗っても座れることが多い。

しかし、関西線は4両編成(快速みえなどは、その内の1両は指定席)のため、

直前に乗ったら、ほとんど座れない。

なので、みんな30分前から並んで入線を待っているのだ。

 

亀山行き快速は、9時56分頃名古屋行き普通の折り返し電車として入線した。

頑張って乗ったが、ボックス席は人生の達人たちが占めてしまったので、

シルバーシートに座ることにした。

席に着くなり、朝ごはん代わりのチョコクッキーを1箱食べた。

食べたら人心地がついて、四日市ぐらいまで熟睡した。

 

亀山駅には、11時07分に到着した。

駅に着くと、折り返し、快速名古屋行きになったので、

ウォーキングを終了した人たちが続々と乗り込んできた。

今日は、先着1000名に記念のバッチが配布されるため、

配布終了が懸念された。

 

改札を出ようとしたら、自動改札機にToICaマークが無かった。

亀山駅は、ToICa非対応駅だったらしく、950円を現金で払うことになった。

ToICa対応駅で、入場記録を消去してもらう必要が生じた。

 

駅構内・駅前では、開業120周年記念イベントが開催されており、

歌をうたっている人や、レールスクーターに乗っている子どもが居た。

 

11時20分頃スタートした。

スタートしてからトイレに行きたくなったが、6.7Km先の亀山サンシャイパークまで

トイレがないということで、約1時間半我慢することになった。

 

まずは、忍山(おしやま)神社でお参りをした。2010_0919_115018

手水舎の水が蛇口から出ていたので、少し驚いた。

・忍山(おしやま)神社は、

  皇大神宮(伊勢神宮内宮)の遷幸地と言われている式内社で、

  日本武尊の后とされる弟橘媛の生誕の地とされている。

 

その後、畑の中の畦道のようなところや、民家の中の生活道路を歩くと、

ついに、世界の亀山モデルで有名な、SHARP亀山工場が見えてきた。2010_0919_123843sharp

今日は、工場見学させてもらえるわけでもなく、ただ前を通り過ぎるだけだった。

SHARPは、奈良にも開発センターや工場あるためか、

従業員駐車場の車は、奈良ナンバーが多かった。

岡山や熊本などもあったが、その辺りにも工場があるのだろうか。

 

亀山サンシャインパークに着いたので、トイレに行った。

池だとか散策コースがあった。

2010_0919_125201

バーベキューをしている人たちもいて、その匂いが漂っていた。

 

その後は、布気皇館太神社、野村一里塚、ますみ児童公園を訪れ、

亀山城跡にも昇った。

2010_0919_135036

石垣の上に無ければ、ただの物置のような感じだった。

その後は、まっすぐ亀山駅へ向かって歩いた。

 

駅前では、ミニSLに子どもたちが乗せてもらっていたり、

プラレールで遊んでいたりしていたが、イベントとしては少し地味だったように思えた。

町内会や学園祭のような感じだった。

 

スタート 11:20 ゴール 13:45 所要時間 2時間25分 12.3Km

 

この時間帯の名古屋行きは、14:23だったが、暑さのせいで時刻表を見誤ったのか、

14:36に記念号が走るものだと勘違いして、14:23をパスしてしまった。

そのため、次の電車が、15:23だと表示されてびっくりした。

改札付近にやってきた老夫婦が駅員さんに、

「電光掲示板が、14:23になっているけど、まだ乗れるの?」と聞いていたが

駅員さんは親切に、「14時じゃなくて、15時ですよ。15:23です。」と教えていた。

老夫婦は、あと1時間も電車が無いのかと、とても落胆していた。

 

私は、仕方がないので、

駅員さんに、精算券がToICaでなく、ICOCAになっていることを言って、

訂正してもらった。

駅員さんは、ICOCAだと思ったらしく、そこにチェックを入れて精算券をくれたようだ。

JR東海の駅員さんでも、ToICaとICOCAを見間違えることがあるんだなぁ。

そして、駅前からしばらく歩いて、バリューセンターへ行った。

このスーパーは、マックスバリュ中部が経営しているようで、

イオン銀行のATMがあったり、TopValueのお茶などが販売されているのだが、

まったく雰囲気がジャスコやマックスバリューとは違った。

20年以上前のスーパーマーケットのような感じだった。

それはともかくとして、67円のお茶と68円のおにぎり、50円のパンなどを

WAONで支払い、食料調達に成功した。

WAONでなく、AEONカードで支払えば良かったなどと後悔したりもした。

 

駅まで戻ると、15時頃になっていたので、イベントの撤収が始まっていた。

そろそろ歩きまわるのを止めて、座って空腹を満たそうと思ったが、

日蔭のベンチは埋まっており、直射日光のベンチは暑いので、

あきらめてホームに向かった。

15:23発の快速の列に並ぼうかとも思ったが、まだ時間があったので、

隣のホームにいた古めかしいクリーム色の電車を見に行くことにした。

117系電車が停車しており、多くの人たちが写真を撮っていた。

2010_0919_152502117

せっかくだからと、先頭に行って写真を撮ろうとしたら、

これが快速 「亀山駅開業120周年記念号」だった。

せっかくだからと、これに乗って帰ることにした。

2010_0919_152400

2010_0919_153925

 

15:36に亀山駅を出発したが、ホームや電車に乗り込んだ鉄道ファンだけでなく、

通過する駅や川、踏切などのあちこちでカメラを構えた撮り鉄の人たちを見かけた。

彼らは、この電車がこの時間に走ることをちゃんと知っていて、スタンバイしていた。

 

そして、車内のファンは、車内を縦横無尽に走り回り、

四日市駅の停車時間が2分だと知ると、ホームに降りて、電車の前でパシャリ、

全力で最後部へ走り、パシャリと、文科系では無い体育会系の動きを見せた。

ただ、写真を撮ろうかどうしようか迷っている間は、みんなキョロキョロと

不自然な動きをするので、とても興味深かった。

私も、何か迷っている時は、あのような感じなのかもしれない。気をつけよう。

|

« 日本昭和村と蜂屋大仏を訪ねて(美濃太田) | トップページ | 「養老の滝」と不可思議な空間「養老天命反転地」(養老) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 亀山駅開業120周年記念 亀山城下町と亀山サンシャインパークの散策(亀山):

« 日本昭和村と蜂屋大仏を訪ねて(美濃太田) | トップページ | 「養老の滝」と不可思議な空間「養老天命反転地」(養老) »