« 恋の三社めぐりと鍋屋上野浄水場(千種) | トップページ | オセロ松嶋とヒサダトシヒロ »

2008年6月15日 (日)

大高緑地とその周辺

今日は、さわやかウォーキングに大高駅まで出かけた。

今回で名古屋地区では、春のさわやかウォーキングが終了となる。

静岡地区では来週だけでなく、来月も続くらしいが、どうしよう。

電車賃がかかるし、かなり暑くなってきたので、熱中症対策もしないといけないだろう。

これまでの参加だけでも、顔や腕が日焼けしてしまって、まだら模様になっている。

女性の大敵、メラミンができている。

昔は、日焼けすることを推奨されたのに、今は時代が変わって、

なるべく日焼けしないようにする風潮になっている。

 

今日は曇りがちで、昨日より気温が低いというので、

日焼け対策をして、長そでシャツを着て出かけた。

日差しは少なかったが、暑さは低いようには感じられなかった。

大高駅に着くと、駅前では、弦楽四重奏のお姉さんたちが居て、

BellMartの出張サービス(?)がおにぎりとカルピスウォーターを

販売していた。

いつものように、地図を受け取り、歩き始めた。

今回のコースは、大高駅・線路の周りをぐるぐる周るコースのようで、

一旦、遠ざかったと思えば、また近づくというものだった。

そして歴史好きには堪らないのかどうかわからないが、

城跡をいくつか巡るコースになっていた。

鷲津砦跡、丸根砦跡、大高城跡と回ったが、

城や石垣、砦などが残っていないので、ちょっとなんだかなぁだった。

大高城跡に至っては、ただの小高い山で、広っぱがあるだけのように

見えてしまった。

大高山 春江院、氷上姉子神社などを巡って、山根酒造で試飲を

させてもらって、ゴールした。

氷上姉子神社では、大高地区の方から「おーいお茶」の差し入れがあった。

今までの参加で、コップの麦茶の差し入れとか、パッカーン菓子、

あさりの味噌汁などの差し入れをしてもらったが、

費用は誰が負担しているのだろう?

 

ゴールでスタンプを押してもらうのに、今までで一番長く並んだ。

名古屋地区ラストということと、天気もまずまずだったので、

参加者がいつもより多かったようだ。

いつものようにお茶を貰って、ふと横を見ると、JTの人たちが

試供品として、500mlのペットボトル(お茶)を配ろうとしている様子。

ダンボールを開梱して、配る準備万端なので、お土産にもらって

帰ろうかと見ていたが、帰社後の報告書に添付するのか、

アルバイトのお姉さんの写真を撮ってみたりで、全然配り始める様子が

なかった。雲も広がってきたので、試供品はあきらめて帰って来た。

しかし、BellMartがカルピスウォーターやお茶を販売している横で、

お茶の試供品を配ったら、商売迷惑になりそうだし、

スタンプ待ちの参加者たちも、配るのを虎視眈眈と待っていたので、

パニックになりそうだった。それも見てみたかったなぁ。

 

8:37スタート 10:30ゴール 所要時間1時間53分 約9Km

 

次のさわやかウォーキングは、秋の予定らしい。

|

« 恋の三社めぐりと鍋屋上野浄水場(千種) | トップページ | オセロ松嶋とヒサダトシヒロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大高緑地とその周辺:

« 恋の三社めぐりと鍋屋上野浄水場(千種) | トップページ | オセロ松嶋とヒサダトシヒロ »